ビジネス・キャリア 自己成長

【時間管理術】タイムマネジメントで1日をムダなく使うコツ!

2019-11-17

こんにちは!ななです。

この記事では、時間をうまく使えなくて

あっというまに1日が終わってしまう人が、

「まだ半日もあるのか^^」と思えるようになる、

タイムマネジメントで1日をムダなく使う時間管理術のコツについて紹介します。

 

例えば休みの日…

せっかく早起きして色々片付けたい!と思ってたのに、もう昼

慌てて支度して遅めのランチを食べてしばらくすると…

えっもう夕方。

今日私は一体なにを終わらせられたっけ!?

てか今までなにやってた自分??

夕飯食べて、夜になって慌ててやりたかったことに取り組みはじめて…寝る時間。

ああ~せっかく朝からフリーな1日だったはずなのに!

時間たつの早すぎるよォォ!

 

大人社会人あるあるのこんな1日を、

テッキパキにサクサクやりたいことをこなして、

まだ半日もある!と思えるような時間管理術が身についたら、

お休みの日のプライベートも仕事も、充実しますよね。

 

そんなお悩みを解決するのが今回ご紹介するタイムマネジメントのコツ、

じぶん専用の時間割の作成です。

👉この記事では1日の時間管理術に特化してご紹介します。

 

時間をうまく管理するコツが身につけば、

1日のタイムマネジメントは非常にスムーズに進み、

プラスアルファの時間の余裕が生まれるので、好きなことがさらにできちゃいます。

では、さっそくみていきましょう!

タイムマネジメントは前日から始まっている!

寝る前からが、タイムマネジメント

1日というのは、起きた瞬間から始まります。

その1日を最大限に活用するための準備は、

起床時間を設定する前日の寝る前から始まっていると考えましょう。

明日の朝のアラームをセットするついでに、

あることを行うことで、あなたの明日がすばらしくマネジメントされます。

それは、

明日のスケジュールをこと細かく決めること

です。

どういうことか具体的に見ていきましょう。

明日これはやっておきたいということがいくつかあると思います。

箇条書きで良いので、それらを、一通り洗い出してみましょう。

スマホにでもいいので、文字で書き出していきます。

例えば

  • 語学の勉強
  • 仕事の資料の準備
  • 洗濯
  • 部屋の掃除
  • ブログ記事の更新
  • 軽い筋トレ

だったとします。(いっぱいあるなw)

そして、それらにどのくらい時間がかかるかも、

合わせてなんとなくでいいので考えてみます。

 

内容が決まったら起床時間を決め、

そこから、食事や休憩も含めて全てのやりたいことが消化できる

タイムスケジュールを作ります。

じぶん時間割を立ててみよう

例えばこんな感じ(あくまで一例です)

<とあるフリーランスの1日>

7:00 起床

7:30 語学の勉強

8:30 朝ごはん

9:00 洗濯、部屋に掃除機をかける

10:00 仕事の資料の準備

11:30 食事準備

12:00 ランチ休憩

13:00 ブログ記事の作成

15:00 おやつ休憩・洗濯物取り込み

16:00 記事作成続き

17:00 休憩、スクワットなど室内で軽い筋トレ

17:30 写真探し作業

18:00 食事支度

19:00 夕食

20:00 ブログ記事更新、写真アップロード

21:00 くつろぎタイム

22:30 行動振り返り、明日の予定

23:00 就寝 

つや子
えっこんなに事細かに決めるの?

と思ったかもしれません。

しかし、細かいようでわりと幅をもたせてあります。

こんな風に、

こなしたいことを自分で無理なくこなせると思える、

時間的余裕をもたせた予定を立ててみましょう。

どのくらい時間がかかるか読めない作業にはできるだて幅をもたせて、

消化できなかった行動のための調整時間も考慮して盛り込みます。

 

朝が弱い人は、起きる時間が多少前後してもカバーできるように、

朝一の予定には少し余裕をもたせると尚よしです。

予定が決まったら、起床予定時刻にアラームをセットして、寝ます。

寝る前に、はっきりとした声で、

「明日は○時に起きる」

「明日は○時に起きる」

「明日は○時に起きる」

 

と3回唱えます。

→これは脳科学的に、耳から聴覚情報として入れることで、

睡眠に落ちた後の潜在意識の中に影響を与え、

朝設定した起床時間になるまでに意識が準備をします。

そしてアラームで目を覚ました時に、

「あ、そうだ○時に起きるんだ今日わたし。」

と自覚していることによって、

二度寝を防いで意識的に1日をスタートさせる下準備となります。

ぜひ試してみてください。

 

明日の予定の時間管理のスケジュールが出来上がったら、

スマホのメモでも紙でも良いので、書いてから

あとは、先ほどの起床時間の呪文を唱えて寝ます。

  

起きたら、昨日立てた時間管理スケジュールを遂行

起きたら、あなたのきょうの行動予定はもう決定しています。

つや子
昨日の夜、自分で時間割決めたからねw

それに従って、1日の時間をひとつひとつ遂行していきましょう。

これを行うと気づくことがあります。

 

「次何しようか考えなくていい」

 

人間は、1日に3~4万回も選択と決断を繰り返ししているといわれています。

それには、「これをやるべきか、やらないでおこうか」

といったような判断を含んでいます。

この判断にはかなりのエネルギーを削がれるため、

一流の経営者の人たちは、その日着る服や身に着けるものを選ぶ段階から、

この判断を減らすために固定化させている人も多いといいます。

(スティーブ・ジョブズがおんなじ服をたくさん持ってて毎日着てたというのも有名ですね)

 

なので、本日の自分時間割に沿って、

淡々とタスクをこなしていきましょう。

まるで誰かに決めてもらっているかのような「楽な感覚」を味わいつつも、

やるべきことが、判断不要でスムーズに片付いていきます。

 

夜まで過ごしていくうちに、

時間管理のおかげで意外とはかどって時間割が前倒しになり、

早くことが片付いてしまうことも結構あります。

幅をもたせているメリットはこんなところに表れてきて、

同じ1日のはずなのに、なんだか余裕が生まれてきます。

 

時間管理はそこが非常に面白いところです。

時間の流れの感じ方が、まるでまったく変わってくるのです。

あわせて行いたいポイント紹介

一番コミットしたいことは、朝イチに

行動タスクの中で、一番自分がコミットしたいと思っていることは、

できるだけ朝起きて3時間以内に行うと良いです。

朝起きた時は、睡眠によってエネルギーがチャージされていて、

頭はクリアで体も元気です。

朝起きてからの2~3時間は、

集中して取り組むのにもっとも適していると言われています。

効率も良くなるので、朝起きてからの時間は、

自分が一番成果を出したいことに取り組むのがオススメです。

時間割の遂行に便利なアプリの紹介

iPhoneユーザーにオススメなのは、Googleカレンダーのアプリです。

※Android は持っていないため確認ができませんが、

同じく似たような機能があると思います。

 

Googleカレンダーのアプリがなぜおすすめかというと、

前日の夜に明日の時間割をGoogleカレンダーにセットすることによって

  • 次の行動開始の5分前(お好きなタイミングに設定可能)に音でお知らせ
  • 行動の一覧をiPhoneの画面でロック解除せずに確認できる(ウィジット機能の活用)
  • 終わった行動(もう過ぎた時間)は勝手に消えていき、今の時間に行う行動が常に上に表示される
  • シンプルでわかりやすい

この辺りがオススメの理由です。

ほかにもタイムマネジメント系のアプリは色々あると思うので、

自分にあったものを利用してみるのも良いと思います。

 

ポイントは、

時間割の次の行動が始まるタイミングを音でお知らせしてもらうことによって、

学校のチャイムのように、

「そろそろ次の行動がはじまりますよ」

というリマインドになり、無意識に時間が過ぎているということがなくなるからです。

慣れてくればいちいちアプリに入れなくても管理できますが、

最初のうちは、

前日の夜に計画を立てるタイミングで、

アプリにサクッと時間管理のタイムスケジュールを入力してしまいましょう。

ものの5分で済むので、非常にオススメです。

うまくいかなかった行動の分析までが、タイムマネジメント

そうはいっても、

  • 時間どおりにすすまなかった
  • 終わらせられなかった
  • 想定外の予定が入り、時間管理できなかった
  • 体調が悪くて頑張れなかった

ということは起こり得ますよね。全然あります。

そんなときは、

なぜ、そうなってしまったかを必ず分析し、

翌日の行動に活かしていきましょう。

 

起きられなくて全てがずれ込んでしまったのであれば、

そもそも睡眠時間が適切でなかったり、睡眠の質に問題があるのかもしれません。

それぞれの人にもよりますが、睡眠は削らずにしっかりと確保しましょう。

ちなみに私の場合は7時間半がベストで、

6時間を下ってくるとその日がまったく使い物にならないレベルになってしまうので、

睡眠は大事にしています。

まとめ

【時間管理術】タイムマネジメントで1日をムダに過ごさない時間管理術のコツ、まとめです。

タイムマネジメントは前日から始まっている!

  1. 寝る前からが、タイムマネジメント
  2. じぶん時間割を立ててみよう
  3. 起きたら、昨日立てた時間管理スケジュールを遂行

あわせて行いたいポイント紹介

  1. 一番コミットしたいことは、朝イチに
  2. じぶん時間割の遂行に便利なアプリの紹介
  3. うまくいかなかった行動の分析までが、タイムマネジメント

いかがでしたか?

今夜から始められる、1日をムダなく使うための時間管理術のコツ。

ぜひタイムマネジメントを上手に行なって、

自分のパフォーマンスを最高に引き上げていきましょう!

うまく習慣化させるコツはこちらで紹介しています

👉習慣化のコツ!行動を習慣づけるために必要なのは〇〇だった!

なな
いつも、応援しています!

<今日は自信ラボ企画第1回習慣化チャレンジ DAY9でした^^>

-ビジネス・キャリア, 自己成長

Copyright© ビジネスと人生の軸の見つけかた , 2020 All Rights Reserved.