コンセプトメイキング 自分を知る

強みを増やす自己分析!自分を棚卸して価値を見つける術とは

2019-11-24

なな
やっほー!ななです。
  • 自分の強みってなんだろう?
  • すでにこれとこれはスキルとして持ってるけど、それだけじゃ弱いような…
  • これからの人生の自分の軸とは?
  • 人生の目的を見つけてみたい

そんなお悩みのある社会人へ向けた、

「ここへきてあらためての自己分析」についてご紹介します。

 

自分でなにか新しいビジネスを始めようとした時や、

仕事の方向性を新たな方へ舵取りをしたくなった時など、

あらためて自分には何ができるのか、どんな強みがあるのか、について

考えなくてはいけない場面って、ありますよね。

そんな時に使えるのが、強みを増やす自己分析ー自分のリソース(資源)の棚卸しです。

これはコーチングの技術も使って、

私も実際に定期的に行って足場を固めている方法です。

自分にセルフコーチングしながら

ポイントを押さえてしっかり行うことで、

自分でも気づかなかった新たな気づきを得たり、

今後の自分のビジネスの新たなアイデアの創出にも活かすことができます。

では、さっそくみていきましょう!

 

強みやリソースとは、知識・経験・スキルだけではない

強みやリソースというと、何かを成し遂げた体験実績というイメージがありますが、

この「強みを増やす」自己分析では、

今までのあらゆる事柄から、自分の価値観と正面から向き合います。

ありとあらゆる頭の中にあるすべての可能性を可視化して、

自分の価値観を再認識し、強みを明確にして、増やすことを目的にしています。

ビジネスのコンセプトにするための種やアイデアをはじめ、

生きていく上で自分が大切にしている価値を再発見したり、

過去の点と点がつながり、今につながる重要なポイントが見出されたりしてきます。

それは、マイナスな感情やネガティブな体験も、

そういう人の気持ちに寄り添えるという意味で逆手に取れば、

たちまち強みに変身します。

様々な角度から自分を俯瞰して見渡してみるためにも、

どんな職種であろうとも、1度あらためて徹底的に、

自分を絞り捻り出してやってみると、思わぬ価値の発見があると思います。

自分の価値観とあらためて向き合うことで、自分の軸が見えてきます。

棚卸しの基本:とにかく出し尽くす!

頭の中にある全ての可能性をリソースとして可視化するにあたって、ポイントがあります。

単に普段からも考えていることを書き出すというだけでは、

自分がすでに認識しているものしか出てこない可能性があるので、

せっかくやっても特に発見も目新しい情報も出てきません。

今まで気づかなかった自分のリソースを再発見して強みを増やす

というところにたどり着くためには、

すでに認識していることは当然全て書き出して整理した上で、

さらにひとつひとつを別の角度から深掘りして分析し、

これ以上はギブ!!ってところまで、もう吐きそうというか吐くまで書き出した上で、

全体を俯瞰して見てみます。

とにかく一旦出し尽くして見ましょう。

具体的には、時系列で振り返ったり、

自分のなかで時間をかけて行ったことや苦労したこと

前はできなかったけどできるようになったこと

大きなジャンルやカテゴリから分けながら整理したり、

順番に思いつく要素を羅列したりしながらやっていきます。

 

自分にとってこれは外せないという要素経験

これについてならいくらでも語れるということなどをキーワードに、

過去のターニングポイントとなった出来事や人などとも絡めて網羅的に書き出していきます。

 

やり方は、紙に手書きでペンを走らせてアナログでやっても良いですし、

私の場合は、要素の追加や順番の移動が楽な、

パソコンのアプリを使ってマインドマップで整理しています。

(スペースに物理的な限界がこないため、どこまでも広がった情報を1枚に見渡して書くことができます。)

自分がやりやすいものが一番ですが、

消したり書いたり移動したりさせながら整理するので、

こちらの記事言語化が苦手な人のトレーニング法とそんな相手への向き合い方で紹介した通り、

無地ノートとペンを持ち歩いて、紙とペンが大好きすぎる私でも、

自分の棚卸しの作業はパソコンのマインドマップ上で

消したり足したりあちこち動かしたりしながら、やっています。

 

自分がいちばん自由に思考を繰り広げられる、一番好きな方法で、

のびのびやってみてくださいね。

私のオススメのアプリは後ほど紹介しますね!

強みと価値観をあぶり出す自己分析6つの質問

本当にもうこれ以上何も思いつかないというところまで書き出せたら、

そこからがはじまり。

一つ一つの要素を見渡して、以下の質問からさらに追加で書き出し&分析をしていきます。

  • 過去に強く感情が突き動かされたのは、どの時点で、それはなぜ?
  • その出来事から得た気づきや学びとは?
  • その出来事と今とはどんな風につながっている?
  • 小さなことでも誰かに感謝されたり、人に貢献できた体験は?
  • ジャンルや要素をまたいで何度も出てくる言葉はある?それはなぜ大切?
  • 過去登場してきた人物や人間関係の特徴や、共通点はある?

これらの質問から、

自分の過去の出来事を全て見渡した中で共通点が見つかったり、

自分にとって大切なキーワードが出てきたりします。

また、思わぬ点と点が結びついたり、

自分の感じ方や受け止め方の変化が起こったターニングポイントを見つけたりすることもできます。

リソースにはも含まれます。

 

キーパーソンとなる人の存在や、人との関わりの歴史の中からも、

自分の価値観や軸となる考えが構築されやすいので、

人間関係に注目して、全体を洗い直すという切り口も有効です。

そういった中から、強みだけでなく財産を発掘することもあるかもしれません。

こうして自分で認識していなかった強みを新たに発見して増やせたり、

リソースの整理をしていくことで、

今後の方向性に確かさと納得感を得られます。

 

この棚卸しは、時期をあけて何度か繰り返し行うことでもより深まっていきますし、

色々試行錯誤を繰り返した後でまた行ってみると、

前回とは違う視点が手に入ったり、より深い気づきを得ることができます。

ここまで自分と徹底的に向き合うのは、

なかなかハードでしんどい作業です。

しかし、自分のことを深く掘り下げた体験は、

これからどういう人生を歩んでいくとしても必ずのちのち役立ってきます。

自分の人生を振り返るいい機会にもなります。

ぜひ挑戦して見てくださいね。

思考の整理に使えるおすすめアプリ「XMind」

最後におすすめのアプリを紹介します。

マインドマップ的に整理していくための、言わずと知れたツール「XMind」です。

http://jp.xmind.net

まず一番はじめは最もオーソドックスでシンプルなテンプレートを使ってみましょう。

👉ロジック図(右)を選択

👉次の画面で色合いを選ぶのですが、慣れてから好きにカスタマイズすればいいので

まずは一番下までスクロールして、最もシンプルな「シンプル」にしておけば間違いないです。

👉実際の画面 (テンプレートの一例)

素早くなじんで自在に使いこなすためのコツ

  • 右に項目(サブトピック)をどんどん増やしてくのはtabボタンで一発ショートカット
  • 移動は入力したトピックをマウスで直接ドラッグ&ドロップ
  • 画面右端ツールバーのペンキのマークに、枠や線の種類など見やすくするカスタマイズがあるので調節

このアプリは、色々な場面で何かと便利に使えるのでオススメです。

まとめ

強みを増やす自己分析!自分を棚卸して価値を見つける術とは のまとめです。

強みやリソースとは、知識・経験・スキルだけではない

自分の価値観と向き合うことで、自分の軸が見えてくるという話。

棚卸しの基本:とにかく出し尽くす!

普段考えていることの外から俯瞰するためにも、考えたことは全て出し尽くしましょう。

3.強みと価値観をあぶり出す自己分析6つの質問

出し尽くした上で、全体を俯瞰してさらに掘り下げていくための質問です。

  • 過去に強く感情が突き動かされたのは、どの時点で、それはなぜ?
  • その出来事から得た気づきや学びとは?
  • その出来事が今にどんな風につながっている?
  • 小さなことでも誰かに感謝されたり、人に貢献できた体験は?
  • ジャンルや要素をまたいで何度も出てくる言葉はある?それはなぜ大切?
  • 過去登場してきた人物や人間関係の特徴や、共通点はある?

これらの質問などでどんどん深掘りをしながら、

一つ一つの項目をさらに細かく掘り下げていきましょう!

 

いかがでしたか?

なかなか大変な作業ではありますが、

いったんしっかり行えば、それ自体が貴重なリソースになります!

定期的に行えば、リソースのアップデートにもなり、

自己理解も都度深まっていきます。

ぜひ一度試して見てくださいね^^

なな
いつも、応援しています!

 

別の角度からの自己分析ならこちらの記事もおすすめ

やりたいことが見つからない問題を解決!逆に見つける3つの方法

-コンセプトメイキング, 自分を知る

Copyright© ビジネスアトリエ OASIS , 2020 All Rights Reserved.