フリーランスの働き方

フリーランスになるには?未経験・独学でもなれるか徹底調査

2020-04-16

お悩み子
フリーランスになりたいけれど、初めの一歩がわからない…

未経験や独学でもフリーランスになれるんだろうか?

一番最初って、誰に聞いていいかよくわからないし、悩みますよね。。

この記事は、そんなお悩みを解決できる記事です!

 

この記事は、

この記事の内容

 そもそも、フリーランスとは?

2 未経験・独学でもフリーランスになれるか

3 何からはじめればいいのか

こんな内容でお伝えしていきます。

 

結論から言うと、

未経験でも独学でも、実はフリーランスになることはできます!

 

なぜなら、筆者自身も「完全な未経験」からいきなりフリーランスになり、

10年間のなかで横展開をして年収も増やし続けながら経験を積み、

同年代の会社員よりも、自分で社会保障を賄う分を引いてもさらに多く稼ぎながら、

幸福度の高い生活を送っているからです。

 

なので、なんの実務経験がない人でもフリーランスになる方法について、

お伝えすることができます。

 

この記事を読むと、まず一番初めに何をすればいいのかがわかり、

疑問や不安が解消されて、

フリーランスへの初めの一歩を踏み出すことができるようになります。

 

では、さっそくみていきましょう!

 

そもそも、フリーランスって何?

フリーランスというのは、自由に好きなように働いて稼ぐことができるイメージを持って、

憧れている人も多いかもしれません。

 

フリーランスとは、

組織に雇用されずに、個人で独立して仕事をする人を意味します。

 

もっと言うと、

時間、場所、働き方、収入、人間関係など、ありとあらゆる全てを

「しなければならない」から「好きにしてもいい」という

自由と権利がほかの働き方よりもたくさん認められている働き方

のことを指します。

 

フリーランスの意味や立ち位置については

👇この記事で、詳しく解説しています。

 

フリーランスを始めるにあたって、提出「しなければならない」書類などありません。

 

しかし、提出すると税金面で得をする、提出「してもいい」書類は存在します。

それが開業届青色申告承認申請書です。

 

こんな風に、フリーランスという職業は、

全てが自分の裁量とさじ加減に任されて、ありとあらゆる意味で独立した働き方なのです。

 

未経験・独学でもフリーランスになれるの?

フリーランスは、今日からでもなれる

冒頭でもお伝えしたように、結論から言うとYESです。

「フリーランスという働き方を始めること自体」には資格や書類などは必要ないため、

何なら今日からでも、フリーランスを名乗って仕事を始めることができます。

 

まったくの未経験でもできる仕事って、実は意外とあります。

誰だって一番最初は何でも未経験だからです。

 

試しに日本最大級のクラウドソーシングサイト『ランサーズ』で

どんな案件があるか見てみてください。

 

在宅で、未経験からでも始められる仕事が、

意外と色々な種類で存在していることがわかると思います。

 

「フリーランスになること自体」は、全く難しいことではありません。

バイトを始めるよりも簡単です。

 

フリーランスに向いているか向いていないかの素質に関しては、

👇こちらの記事で詳しく解説しています!

 

「未経験」がメリットになることもある

また、未経験であることが、実はメリットになることだってあります。

 

やる気をアピールできたり、

学ぶ謙虚な姿勢があることで、ベテランよりも扱いやすいと思ってもらえたりするからです。

 

私が大学を出て、フリーランスとして仕事をし始めた頃に、

初めてチラシのデザインの仕事を頼んでくれた人は、

 

私を全く未経験であることを承知の上で、育てるつもりで仕事を振ってくれていました。

 

本当に嬉しかったので、一つ一つの仕事に謙虚な姿勢できる限りの全力で応えました。

これでもう、未経験は脱出です。

 

経歴が長い人だと、独自のやり方が決まっていて融通がきかなかったり、

気軽に頼みにくいと思われることがあるのも事実。

頼む方からすれば、支払いも高額になりますからね。

 

未経験の今だからこそ、色々なクライアント(仕事相手)と出会って、

様々なことを吸収して、新しい世界に飛び込んでいくことができます。

 

なので、「未経験」であることは、逆にメリットになることもあるのです。

 

「独学」でもプロになれる

ここで友人の例をご紹介します。

 

美大時代の友人であるカメラマンのA君は、

完全に独学で写真家になりました。

 

もともと18歳で美大に入った時点で相当のカメラオタクで、

宝物のライカを片手に、自分で色々な写真を撮って研究していました。

 

写真の撮り方学校で習ったりはしておらず、自分のセンスと実践で身につけていました。

 

大学卒業後は、フリーでカメラマンの仕事を受注しながら、

 

芸術系の写真家として自分の作品を作って発表をし、

大きな賞を取ったりして、ますます腕に磨きをかけ続けています。

 

自分で身につけた写真の専門知識を持っているので、

気が向いたら一時的に雇われの身(会社員)になって、

宝石や刀などの「ブツ撮り」の仕事をしていたこともありました。

 

当然、本人の写真への尋常ではない情熱や執着があってこそ初めて達成できることですが

 

スキルさえ身につければ、どうやったって生きていけるのが、

フリーランスの最大の強みなのです。

 

こんなことから始めよう

あなたの分野・専門を見つけよう

フリーランスとは何かをしっかり理解したところで、

次に、何の分野でフリーランスになりたいのかを明確にしましょう。

 

これからそれを考える人は、

あなたがおそらく、人よりも

  • 詳しいこと
  • 好きなこと
  • 人よりも時間をかけてきたこと

これらの中で、

「これからやりたい・つきつめたい」

と思うことを、考えてみましょう。

 

自分のやりたいことが見つからない人には

👇こちらの記事がおすすめです。※私もこれで何年も悩みました(^_^;)

 

漠然としている時は

まだ専門分野が見えてない状態で「フリーランスになりたい」と思っているのであれば、

あなたは何となくフリーランスという働き方やイメージに憧れているのかもしれません。

 

👇フリーランスが直面するリスクについての知識も深めておきましょう。

 

少なくとも自分が何について専門的に取り組んでいきたいのかの、

方向性を決めてみましょう。

 

ここにはしっかりと時間を割いて、徹底的に考え抜いておいたほうがいいです。

スキルとして何ができるかだけでなく、

  • 自分が本当に望んでいることとは一体何なのか
  • なぜ、フリーランスになりたいと思うのか

というところまで、突き詰めて考えてみる人生において貴重な機会です。

 

👇このタイミングでのオススメ記事なので、ぜひこちらも読んでみてください。

 

 

💡もしも一人で悩んで動けなくなってしまった時は、

私も相談にのることができます。

  • 周りに誰も相談できる人がいない
  • 自分の方向性がわからない

こんなあなたのための、LINE無料相談を行なっています🤗

一人きりで悩まず、ぜひ一度相談してみてください!

無料でLINE相談してみる

お金を得る方法を考えよう

次に、専門分野が決まったら、

実際に「お金を得るため」には、どうすればいいかを考えてみましょう。

 

何か特技があれば、先ほどもご紹介したこのランサーズなどの

クラウドソーシングサイトに早速登録してみて

 

自分のプロフィールページを作ってみたり、

募集している案件に目を通して相場感を得ることもオススメです。

 

私が本格的にフリーランスとして始動するまで

ここで私の例を挙げると、

 

私は大学を出てすぐに突然フリーランスになったので、

特定の分野に絞らず、ぽつぽつデザインや絵の仕事をしつつ、まだ悩んでいました。

 

生活費はバイトで稼ぐ日々。

 

本格的に個人事業主として「こども絵画教室」という形態で起業するに至るまでには、

実は、こんな前提がありました。

  • 数年前に大病をし、心身共に療養中の身
  • バイトに行くために乗っていた満員電車が、倒れて吐くほど嫌いだった
  • 大人の組織や集団の人間関係が無理
  • でもこどもがとても好き
  • 美大を出ていて、絵や工作を教えることができる

上記の条件を全て満たすには

「こども向けの絵画教室を自分一人で開く」

という選択しか逆にありませんでした。

 

こどもたちを集めて、保護者からお金をいただくために、

月謝を払ってもらうための説得力に繋がると思い、

ユーキャンで半年間独学で勉強して、保育士の国家資格を取りました。

(国家資格でも、独学で取れます)

そこから、開業へ向けて道具や環境を整えたり、具体的な準備を進めていきました。

 

👇このあたりの考え方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

その分野の勉強を始める

自分が専門にしたい分野でお金を稼ぐために必要な、勉強を始めましょう。

 

未経験OKのWEBライターや、ブログアフィリエイトなど、

今すぐにでも始められそうな分野であれば、

今日からでも登録したりブログを立ち上げたりして、実際に実践しながら勉強するのがベストです。

 

逆に私のように、場所を準備したり、ある程度準備期間が必要なものであれば、

何が必要かを一つ一つ考えて、少しずつ準備を始めていきましょう。

 

スキルを磨いていくことは、フリーランスとして仕事をし始めてからも、

人から必要とされる存在であり続けるために、ずっと必要です。

 

「何を勉強すればいいか、何が必要かがわからない」という人は、

以下の質問に応えてみてください。

自分で調べながら、実際に考えてみよう

  • あなたがやりたい分野で、何らかの形でお金を稼いでいそうな人は、世の中にいますか?
  • その人にはあって、今の自分にないものは何だと思いますか?
  • 今からできそうなことは、何ですか?

 

今のこの時代は、ありとあらゆる稼ぎ方が存在するので、

アイデア次第で実際はどんなものでも仕事を作ることができます。

 

本当に何も思いつかなければ、

まずはTwitterなどで、自分の分野について自分の考えを発信してみることをオススメします。

 

さまざまな人が色々な情報を発信しているので、

仕事にできそうなアイデアが見つかるかもしれません。

私もTwitterをやってます🤗

 

小さなことから、実戦に挑む

最終的なフリーランスになるための方法としては、

「まずやってみる」が一番最強です。

 

フリーランスはいくら友達を増やしても、

全員違うスペックで、違う道を歩んでいるので、あまり参考にならないのが現状。

 

もう自分で実際にやってみてしまうのが、一番早いです。

 

あれこれ考えるよりもまずは手を動かす。飛び込んでみる。

 

これは私がフリーランスになるときもなってから分野を変えるたびにも

実践してきたことです。

 

勉強には終わりはないので、完璧を求めずに、まずはやってみましょう。

 

1つ案件に応募してみるでもいいですし、周りに宣伝し始めてみるのも良いです。

 

1回の経験から得られる経験値は、100日間ウンウン悩み続けることに勝ります。

 

自分が今日からできそうなことをみつけて、まずは小さく試しに始めてみましょう。

 

まとめ:分野を決めて、できることをさっそく始める!

まとめです。

未経験・独学でもフリーランスになるには、

1 やりたい分野や専門を決める

2 今日からできること(実践や勉強)を始める

 

でした。

 

いかがでしたか?

 

いまは会社員でも安定はなく、どんな立場であっても不安定な時代です。

 

これからどんな状況になろうとも、力強く生き抜いていくために

個人で稼いでいく力をつけたいあなたを、心から応援しています。

 

💡もしも一人で悩んで動けなくなってしまった時は、

私も相談にのることができます。

  • 周りに誰も相談できる人がいない
  • 自分の方向性がわからない

こんなあなたのための、LINE無料相談を行なっています🤗

一人きりで悩まず、ぜひ一度相談してみてください!

無料でLINE相談してみる

-フリーランスの働き方

Copyright© ビジネスアトリエ OASIS , 2020 All Rights Reserved.